スポンサーリンク

お金が欲しいとネットに投稿する前に

スポンサーリンク

今日を生きるために必要なお金が無い人が、ネットでSOSを発信するために掲示板など投稿している様子を見かけることもありました。

でも、今は、時代が進歩したので、今日を過ごすお金が必要な人がネットで投稿していじめられるというリスクをおかさなくても、お金を工面できるようになりました。

今回ご紹介する二つのアプリを活用すれば、お買い物する資金を作ることができるので、食料品や仕事に通うための交通費などを確保できます。

スポンサーリンク

バンドルカード

モバイルSuicaにチャージすることにも活用できるバンドルカードというものが、あります。

このアプリをインストールするだけで、バーチャルのVISAカードを作ることができます。

そして、ポチッとチャージという方法で、直ぐに買い物する資金を作ることができます。

このポチッとチャージは、2万円前後(最大5万円)まで、チャージした月の翌月末までに支払う形で利用できるチャージ方法です。

つまり、後払いでお買い物ができます。

ポチッとチャージで利用できる金額は、利用状況に応じて変わるようです。

最大5万円まで、利用できるようです。

私は、3万円までアップしています。

注意しないといけないのは、このポチッとチャージでチャージした金額は、翌月末までに一括で、所定の手数料を加えた金額を、コンビニなどから支払います。

翌月一回で返済しないといけない借金と同じ感じなので、注意が必要です。

給料などが入る予定があるけど、今お金がないから電車に乗れないとか、買い物できないという緊急事態を乗り切るために、ポチッとチャージを活用すると良いです。

バンドルカードは、3Dセキュアに対応していないのですが、PayPayに登録できます。

そのため、一回そして1ヶ月以内5000円までなら、PayPayの支払いにバンドルカードを利用できます。

バンドルカードは、リアルのプラスチックカードもあります。

表面にエンボスでカード番号が印字されていないクールなデザインで、今人気急上昇中です。

バンドルカードのサイトは、下記のURLからアクセスできます。

VANDLE CARD[バンドルカード] - 1分でカードを作って、3分でお買い物。
バンドルカードは、もっと便利で楽しいカードを目指して、これまでにないカード体験を作ります。

メルペイ

フリマアプリで有名なメルカリのアプリをインストールすると利用できる決済方法で、メルペイがあります。

QRコード決済と、非接触型の支払いIDの二つの方法で、利用できます。

このメルカリのアプリをインストールして利用できるメルペイを使うと、中古で購入したドコモのスマホで、IDが利用できる機種なら、メルカリのアプリでIDにバーチャル電子マネーカードを登録してID払いを利用できるようになります。

メルペイの後払いは、コンビニなどの買い物でも利用できます。

つまり、後払いでIDを使って支払いができます。

アプリをインストールした直後は、メルペイの後払いの限度額が3000円までだと思います。

でも、翌月には、利用できる限度額が変わります。

私も、15000円まで利用できるようになりました。

コンビニやドラッグストア、スーパーマーケットなどでID支払いができるところであれば、後払いで支払いできます。

このメルペイを活用することで、食料品の購入もできます。

メルペイ後払いで利用した金額は、翌月末までにコンビニや銀行ATMを使って支払う方法と、口座振替で支払う方法の二つから選択できます。

メルペイ後払いで使った金額をコンビニで支払うと、直ぐに利用できる金額に反映されて、支払った金額分利用金額が増えます。

だから、月が変わったとき早めにコンビニで後払いで使った金額を支払えば、使える限度額が戻ることになります。

メルペイとバンドルカードは、貧困の味方

メルペイとバンドルカードを活用すれば、今を乗り越えるお金を工面することもできます。

現金を工面できる訳ではないですが、今日の食料を購入できます。

バンドルカードなら、モバイルSuicaにチャージできるので、帰りの電車賃がない時も、ポチッとチャージで、モバイルSuicaをチャージすることで電車に乗ることもできます。

私は、バンドルカードとメルペイは、貧困に困っている人達の強い味方になると思います。

地道にお金を作る方法

毎日僅かですが、お金を作る方法、お金を稼ぐ方法があります。

フリービットコイン

フリービットコインは、1時間に一回無料のゲームに挑戦して、当たった数字に応じて決められいる数量のビットコインを貰えるサイトです。

歴史があるサイトで、フォーセット というジャンルのサイトで有名です。

ビットコインなどの仮想通貨を一定時間毎に受け取ることができるサイトを、蛇口の英単語で、フォーセット を呼びます。

フォーシットと紹介しているサイトも、あるようです。

このフリービットコインは、無料で登録できます。

仮想通貨交換業者に作ったアカウントのビットコイン入金アドレスで、ビットコインを受け取る形です。

このビットコインは、バンドルカードのチャージ方法でも利用できます。

バンドルカードは、ビットコインでチャージしてお買い物に利用できます。

フリービットコインは、英語のサイトですが、Googleの翻訳機能を使うと違和感なく利用できると思います。

フリービットコインに登録する情報は、メールアドレスとパスワード、ビットコインの入金用のアドレスです。

このフリービットコインは、年利4%台で運用もできます。

このフリービットコインに、ビットコインを入金して放置するだけで年利4%でビットコインが増えます。

この年利の話は、フリービットコインで条件など詳細を確認してください。

フリービットコインは、ここからアクセスできます。

Tadacoin

Tadacoin コインをお得に貯める・無料でお小遣い稼ぎできるポイントサイト

Tadacoinは、日本の会社が運営するビットコインが30分に一回貰えるゲームに挑戦できるサイトです。

このTadacoinは、ポイントサイトと同じように、サイト内で紹介されている広告を利用するとビットコインをもらうことができます。

貰えるビットコインの数量は、広告によって異なります。

Tadacoinは、ここから無料で登録できます。

さらにお金を稼ぎたい人へ

副業したいけど事情があって副業できないとか、商売をする自信がないけどお金を稼がないといけない事情のある人など、お金を稼ぐ必要がある人にご紹介したいサイトがあります。

QUOREA(クオレア)

このQUOREA(クオレア)は、仮想通貨のビットコインの自動売買を簡単に行うことができるサイトです。

日本の会社が、運営しています。

本格的に毎月運用益を出そうとするなら、10万円以上で取り組まれるのが良いですが、私のように少額で始めることもできます。

給料が少ないけど、毎月借金などの支払いはなく、堅実に暮らせる状況であれば、自動売買をセットした仮想通貨交換業者のアカウントに、毎月少しずつ入金することで、運用資金を貯めて着実に運用益を増やすことを目指すことも可能だと思います。

QUOREAは、自動売買をロボットを使って行います。

このロボットは、一般の人が作ったものです。

私も、ロボットを作っています。

このロボットの中には、ロボットが意図した通りに動くために最低必要な残高が決められているものがあります。

人気がありたくさんの人が、自動売買にセットしているロボットは、利用するための最低残高が決められていることが多いです。

毎月少しずつ残高を増やしていけば、こうした利益が出る可能性が高いロボットを使い、ランキング上位の人達のように毎月利益を出すことを目指すことも可能だと思います。

QUOREA(クオレア)は、無料でアカウントを作ることができます。

まずQUOREA(クオレア)に登録して、サイトの内容を学ぶことをしても良いと思います。

2019年6月1日から、一件でもロボットで自動売買していないと、フォローしているロボットの売買タイミングを知ることができなくなっています。

QUOREA(クオレア)では、利益が出ているユーザーのランキングが、あります。

また、ロボットのランキングもあります。

こうした情報を基に、ロボットを選んで、利益が出るように目指すと良いと思います。

QUOREA(クオレア)を活用した場合、ビットコインの相場が大きく変動して、思わぬ損失が生じる場合もあります。

実際、私は、QUOREA(クオレア)を始めて最初の2ヶ月くらいは、赤字でした。

でも、今月に入りプラスを維持できるようになりました。

QUOREA(クオレア)の利用は、QUOREA(クオレア)のサイトで、運用条件など詳細を確認されて自己判断で、行ってください。

QUOREA(クオレア)は、ここからアクセスできます。

QUOREA(クオレア)で自動売買を行うときは、所定の手数料が発生します。

詳しくは、QUOREA(クオレア)のサイトで、確認してください。

QUOINEX

タイトルとURLをコピーしました