スポンサーリンク

Azureでリソース全て消して課金を防いだはずが課金された件

webサイト制作関連
スポンサーリンク

Azureの料金が発生しないように、使っていたリソースを全部削除したつもりでいました。

念のため確認したら、約2000円の請求がありました。

調べてみたら、「Recovery Services コンテナー」が残っていました。

コストを確認したら、このバックアップのみで課金が発生しました。

私は、下記の画像の赤丸の削除を使って、削除を試みました。

でも、エラーになり削除できませんでした。

いろいろ調べて、原因が分かりました。

バックアップの左側のメニューの下の方に、上の画像のような項目があります。

バックアップアイテムを確認したら、下記のようになっていました。

この画像のように、バックアップが残っている状態では、バックアップのコンテナーの削除はできません。

スポンサーリンク

ここからがポイント

バックアップのコンテナーに紐ついているバックアップのアイテムを削除したら、直ぐにコンテナーを削除できると思ったら、大間違いです。

実は、バックアップを削除すると14日間復元できるように待機期間が設定されるようです。

そのため、完全に削除される14日後までコンテナーの削除は、待たないといけないです。

リソースが完全に削除されたか確認をしましょう

私の今回の失敗をシェアしたいと思い、ここに投稿しました。

リソースを確認して、使っているものを全選択して一括で削除したとします。

でも、実際には、エラーになって残ることがあります。

今回のバックアップコンテナーも、そうした事例だと思います。

クラウドの課金を止めるために、リソースを全部消した場合は、必ず全部消えたか確認をしましょう。

思わぬ請求があるかもしれないので、慎重に確かめてください。

 

タイトルとURLをコピーしました