スポンサーリンク

人の悪口を言う人は、意外と仕事ができていないと評価されている人なのかも

スポンサーリンク

今日、職場での会話で、職場の人は見ていると思った事があります。

職場で、自分のことを卑下して色々なことを言ってくる人がいます。

この人から話しかけられた時に、私は、リアクションに困り苦笑していました。

この人の声が大きいのか、職場の人も聞いていてました。

そして、私が、この人から虐められているのではと心配してくれました。

実際、私も、この人が自分のことを卑下して言っていることの中には、私に対して言っているのでは?と思う内容もありました。

私のことをやめさせようとしているのでは?と思うこともあり、派遣会社の営業に相談しようとしていたくらいです。

でも、今日、職場の人から、私にいろいろ言ってくる人は、仕事が出来ていない。

仕事が出来て色々言ってくるなら別だけど、仕事が出来ていないから無視すれば良いと言ってくれました。

世の中は、ちゃんと見て居ると思いました。

一事が万事で、政権批判して居る人は、意外と自分のことで何かが満たされていないかも知れないですね。

この状況でも、お金を稼ぐ事ができて居る人は、政府の批判、安倍総理大臣の批判はしていないと想像しています。

引き寄せの法則が働くので、人の悪口を言っていると、自分にブーメランのように自分が出した悪い波動が戻ってくるので、自分が不幸になってしまいます。

政策批判をするなら、代替え案というか、自分ならこうするという建設的な提案をするべきだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました