スポンサーリンク

キャッシュレス対応できず廃業を考えている人へ

スポンサーリンク

QRコード決済や、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどのキャッシュレス対応が大変で、廃業を考えてしまっている個人商店の経営者の皆様に伝えたいことがあります。

キャッシュレス対応するためのレジ購入が出来ないから、廃業するという人も居ると思います。

でも、レジを新しくしなくても、キャッシュレス対応できる方法があります。

PayPalのように、カードの読み取り機をスマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに入れてセットし、アプリを使うことで簡単にクレジットカードやデビットカーでの支払いに対応できます。

スマホでカード決済してオーソリが通り承認番号など発行されたら、支払いできているので、お店のレジで金額を入力してレジ作業をすれば大丈夫だと思うのです。

あとで、経理の帳簿で、このレシートは、カード決済したと記載すれば、後日振り返って確認するときも対応できると思います。

スクエアやPayPalなどスマホやタブレットを使って、カード決済できる方法もあります。

IDやQUICPayなどの電子マネーの支払い対応のためには、対応している読み取り機を設置する必要があります。

でも、その場合でも、レジと連動していなくて、支払いが承認されたら承認番号をレジに入力して支払い処理しているお店も多いようです。

今は、テクノロジーが進化しているので、レジの機械以外にも、スマホやタブレットで支払いを受けることが出来ます。

ネットで検索すると決済業者は、色々と見つけると思います。

キャッシュレス対応が難しそうだから廃業するという短絡的な考えを持たずに、ぜひ、色々とお店に合う形のキャッシュレス支払い導入方法を見つけてほしいと思います。

私のTwitterアカウントでも、色々と情報発信したいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました