スポンサーリンク

Facebookビジネスマネージャーは、Instagram連携の際に注意

Facebookページ制作
スポンサーリンク

FacebookページにInstagramのプロアカウントを連携しようとすると、自動的にFacebookビジネスマネージャーがFacebookページの所有者設定を行うようです。

私は、このことを知らなかったので、クライアントがInstagramアカウントを製作したFacebookページに連携出来ないと連絡を受けて、ドツボにはまってしまいました。

Instagramのアカウントに連携したいFacebookページの所有者の欄を、確認してください。

そこが個人名ではなく違う名前になっていたら、ビジネスマネージャーが自動で設定した可能性が高いです。

管理人と同じ名前が所有者の項目にあるのが、普通です。

でも、ビジネスマネージャーが自動設定した場合は、個人名でない場合もあります。

つまり連携したInstagramのアカウントの名前が、Facebookビジネスマネージャーで利用され、それがFacebookページの所有者の名称に設定されます。

InstagramのアカウントをFacebookページに連携したいときは、自分を管理人に設定するだけなく、Facebookページの所有者になっているか確認することが重要です。

Instagramのビジネスツールの中のショッピングを使う際は、Instagramのアカウントが所有するFacebookページでないと使用することが出来ないです。

InstagramのアカウントとFacebookページの連携が上手く行かないときは、Facebookページの管理人に設定するだけでなく、Facebookページの所有者の確認も必要です。

Facebookビジネスマネージャーの入り口

画像の通り、Facebookにログインしたが目の右上の下三角アイコンをクリックすると、ビジネスマネージャーの項目があります。

ビジネスマネージャーで所有権が設定されていたり、管理人設定されているFacebookページが、ここに表示されます。

InstagramのアカウントとFacebookページの連携が上手く行かないときは、今回の記事を参考にして頂きまして、Facebookページの所有者の項目も注意して確認してみてください。

こちらの私のココナラで出品しているサービスでも、この点に気を付けて対応しています。

IT化に貢献するクリエイターMさん(派遣社員)のプロフィール | ココナラ
Kindleで読むことが出来る電子書籍を出版しています。 パブーという電子出版プラットフォームを活用して楽天koboで読むことが出来る作品も出版しています。 Androidアプリ、動画、clubTでオリジナルグッズを製作したり、マルチに活動しています。 独自ドメインを取得して、サーバーに接続または転送設定できます...

FacebookページとInstagramアカウントを連携したいけど上手く行かないときは、私に相談してください。

メールフォームを作り、そのリンクをFacebookページのボタンに設置したいとか、メールフォームを複数のメールアドレスに転送したいといった場合も、ご相談ください。

複数のメールアドレスに送信する場合は、PHPでプログラムを作り対応します。

この場合は、無料のサーバーを利用します。

サーバーの規約でインデックスページを設置しないといけないので、簡単に貴店を紹介するページを作成する費用込みでご相談いただけます。

お気軽に、お問い合わせください。

ココナラで問い合わせを受けた場合は、ココナラの中で作業を完結します。

polcaLifeやVALUで直接支援のリターン、特典としてのご依頼の場合は、TwitterのDM機能などを活用して作業のやり取りを行います。

私のTwitterは、こちらです。

タイトルとURLをコピーしました